美容医療はどこまでやるべきか ②:加齢による症状を改善する治療一覧(段階別)

前回の記事でお伝えした、「美容医療に頼った方が良い」症状は、以下の2パターンです。

  1. 30代(後半)以降の加齢による症状  このページで紹介
  2. 出来もの系(年齢問わず)  次のページで紹介

このページでは、まず①の治療法にはどんなものがあるのかをまとめますが…

ここで注目していただきたいのが「段階別」と言う点です。

それぞれの治療には、その方法や効果、費用の面である程度の段階があります。

例えば顔の弛みを治療する場合、ちょっと極端ですが…

  • レーザーを照射する
  • ヒアルロン酸を注入する
  • 耳の横で皮膚を切開して顔全体を引き上げる手術

この3つではハードルの高さ(もちろん費用面も)が違うと思うのです。

ハイイロネコ

勝手なイメージですが、同じ美容医療でも最後のは完全に美容整形

なので、初心者でも気軽に受けられる治療から上級者向けの治療を段階ごとに分けてみました。

段階 治療の内容(カテゴリー)
Phase.1 初心者向け レーザー(光・高周波・超音波)照射系・点滴 / 注射系・その他
Phase.2 中級者向け 高額レーザー(光・高周波・超音波)照射系・注入系
Phase.3 上級者向け 再生医療(細胞系・非細胞系)
Phase.4 ほぼ整形 外科手術(メス入れ)

30代(後半)以降の加齢による症状を改善する治療

Phase.1:初心者向け

初心者向けとして紹介する治療には、以下の共通点があります。

  1. 1回の治療で効果を感じることはできるが、定期的に続けないと効果を持続できない。
  2. たるみやシワに関しては、どれも初期程度のものに効果が見られる程度。

フォトRF

概要 カテゴリー:照射系(光+高周波)
光で表皮層のメラニンを破壊し、高周波で真皮層に熱を与える。
効果 シミ・小じわ・たるみ・赤ら顔・ニキビ痕(色素沈着)等
中〜濃い目のシミや色素沈着に効果あり。肌に張りが出ることにより、軽度のたるみや小じわを改善。気になる加齢の症状を全般的に(広く浅く)改善してくれるので、初めての治療にオススメ。
費用 13,000円〜20,000円(顔全体)

ライムライト

概要 カテゴリー:照射系(光)
表皮のシミや色素沈着等に効果が高く、日本人の肌に合わせて開発された治療。
効果 シミ・くすみ・ニキビ痕(色素沈着)・雀斑・肝斑・赤ら顔等
フォトでは反応しない薄いシミにも効果があり、肌表面のキメや肌質も整える。
費用 15,000円〜30,000円(顔全体)

テノール

概要 カテゴリー:照射系(高周波)
皮下組織までをじっくり加熱することで、皮下脂肪や骨などの周囲に生じた繊維化・硬化を改善。
効果 血流およびリンパの流れを改善・全般的な肌の老化防止・たるみ等
特定の症状をピンポイントで治療するというよりは、健康で若々しい肌作りが出来る環境を整える治療。たるみ改善の効果があるとされているが、直接引き上げるわけではない。
費用 25,000円〜30,000円(顔全体)

フラクショナル

概要 カテゴリー:照射系(レーザー)
炭酸ガスレーザーを細かい点状に照射して穴をあけ、皮膚を再生させる。併せてイオン導入などを行い、成長因子やビタミン、ヒアルロン酸などを肌に浸透させる治療を行う場合も多い。(より良い効果が得られるため)
効果 毛穴・ニキビ痕(凹凸)・小じわ・たるみ・傷痕(凹凸)・シミ等
肌表面のテクスチャーを整える治療。表皮を入れ替えるので、浅いシミや小じわにも効果あり。
費用 25,000円〜40,000円(顔全体ではなく、ピンポイントの金額設定も多いので要確認)

タイタン

概要 カテゴリー:照射系(近赤外線)
真皮層に働きかけ、コラーゲンの収縮と線維芽細胞への刺激に特化=たるみの改善に効果的な治療。
効果 たるみ・シワ・クマ(たるみによる)等
即時的効果(治療後すぐに実感)と、その後のコラーゲン増加による長期的効果が期待できる。但し、皮下組織には作用しないので、脂肪が多くてたるんでいる肌には効果減。皮下脂肪が少ない人のたるみ向け。
費用 30,000円〜60,000円(顔全体)

ジェネシス

概要 カテゴリー:照射系(レーザー)
表皮から真皮上層に働きかけ、ターンオーバーの促進とヘモグロビン、メラニンへの反応による赤ら顔・青クマ・シミの改善に効果的な治療。
効果 赤ら顔・クマ(青クマ)・ニキビ痕(赤み)・傷痕(赤み)・毛穴・小じわ等
主に「血管病変治療」と「肌質改善」に効果的。表皮のピーリング効果もあるためニキビ跡や毛穴、キメの改善、真皮上層への熱作用によるコラーゲン増加(小じわ、軽いたるみの軽減)なども期待できる。
費用 25,000円〜40,000円(顔全体)

ポラリス

概要 カテゴリー:照射系(高周波+レーザー)
真皮層に働きかけ、コラーゲンの収縮と線維芽細胞への刺激に特化=たるみの改善に効果的な治療。サーマクールとよく比較されるが、こちらの方がエネルギーが小さいため痛みも少なく、効果の持続期間が短い。但し、サーマクールよりも早く効果を実感できる。
効果 たるみ・しわ・毛穴
即時的効果(治療後すぐに実感)と、その後のコラーゲン増加による長期的効果が期待できる。但し、皮下組織には作用しないので、脂肪が多くてたるんでいる肌には効果減。皮下脂肪が少ない人のたるみ向け。
費用 20,000円〜30,000円(顔全体)

美容点滴・注射

概要 カテゴリー:点滴 / 注射系
ビタミン・プラセンタ等、目的に応じた成分を点滴や注射で直接体内に取り込み、内部から働きかける治療。所謂「美容点滴」と呼ばれるもので、治療の目的や病院によって成分の配合が異なる。
効果 疲労回復・肌のくすみ・シミ・肝斑・にきび・美白・アンチエイジング等
費用 2,000円〜8,000円

水光注射・イオン導入

概要 カテゴリー:その他
水光注射:複数の細い針がついた機材を使用し、美肌効果のある成分を均等に注入する治療法。
イオン導入:専用機器で皮膚に微弱な電流を与え、美肌効果のある成分を肌の奥に浸透させる治療。
効果 小じわ・キメ・肌荒れ・張り・艶・シミ・くすみ・肝斑・たるみ・毛穴等
いずれも治療したい症状によって使用する薬剤が異なる。基本的には肌全体(表面)の状態を改善し、使用する成分によっては若返りにも有効。
費用 水光注射:20,000円〜60,000円 ※注入する成分の種類、数によって異なる
イオン導入:5,000円〜8,000円

Phase.2:中級者向け

サーマクール

概要 カテゴリー:高額レーザー照射系(高周波)
真皮層よりもさらに下にある皮下組織(脂肪層)まで働きかけることが可能。以前は「切らないフェイスリフト」の代表格として知られた引き上げ(引き締め)効果が高い治療。
効果 たるみ・しわ・小顔・肌質改善(弾力や張り)
顔全体を引き締める効果が大きく、たるみやシワの改善以外に小顔効果も。タイタンでは効果が出にくい皮下脂肪が多めのだるだる系たるみにも効果が期待できる。
費用 200,000円〜350,000円(顔全体)

HIFU

概要 カテゴリー:高額レーザー照射系(超音波)
現代版「切らないフェイスリフト」代表。皮下組織(脂肪層)の下にある表在性筋膜(SMAS層)に働きかけることが可能。使用する機材の種類によって「ウルセラ」や「タブロ」「ウルトラーフォーマーⅢ」などと呼ばれることも。但し、痛み(痺れも)はかなり強いらしい。
効果 たるみ・しわ・小顔・肌質改善(弾力や張り)
表在性筋膜(SMAS層)から引き上げることで、外科手術並みのフェイスリフト効果があり、半年〜1年持続する。皮下脂肪多めのだるだる系たるみにも効果が期待できる。
費用 200,000円〜350,000円(顔全体)

ヒアルロン酸

概要 カテゴリー:注入系
保水力に優れ、肌の張りや弾力を保っている肌にもともとある(年齢と共に減少)成分を注入する治療。注入する薬剤の種類や方法により、肌質の改善から若返り、プチ整形まで応用できる。
効果 深く刻まれたしわ・たるみ・顔痩せ・凹み・輪郭を整える・肌質改善・プチ整形
ほうれい線などの深いシワを下から持ち上げて目立たなくしたり、たるみの気になる箇所を部分的にリフトアップさせたり、痩せてコケた箇所をふっくらさせることが可能。鼻筋や唇の形状を整えるプチ整形も。
費用 95,000円〜120,000円(1.0ml / 1本使用の金額)※ほうれい線片側=0.6ml〜0.8ml

ボトックス

概要 カテゴリー:注入系
ボツリヌス神経毒を応用し、表情じわやたるみの原因となって いる筋肉の過緊張をほぐす治療。表情によってできるシワをできなくする治療(ボトックス)と、極めて微量のボトックスを皮膚の浅いところに注射するして筋肉の表面繊維だけの働きを弱める治療(マイクロボトックス)がある。
効果 ボトックス:表情じわ(額・眉間・目尻・顎等)の改善・小顔・咬筋の発達によるエラ張りの改善
マイクロボトックス:頬〜顎下、目の下、フェイスラインのリフトアップ・皮膚表面を滑らかにする
費用 ボトックス:30,000円〜50,000円(1箇所)
マイクロボトックス:60,000円〜(1エリア)

糸(スレッド)リフト

概要 カテゴリー:注入系
溶けて吸収される糸(縫合用にも使用される)を皮下組織に挿入し、部分的〜顔全体のたるみを大きく改善させる治療。糸を挿入した刺激でコラーゲンやエラスチンを増生させ、線維芽細胞を活性化させるもの(棘なし)と、棘のついた糸を使用することで、組織をひっかけてしっかりと引き上げるものがある。
効果 たるみ・しわ・肌質改善(弾力や張り)
糸を挿入する場所、長さ、糸の種類によって改善できるたるみは異なるが、いずれもリフト効果は高く、1〜2年は持続する。
費用 70,000円〜(1本)※使用する糸の種類や病院によってかなり金額が異なる

Phase.3:上級者向け

再生医療

概要 カテゴリー:再生医療(細胞系・非細胞系)
年齢とともに減少する、肌を維持する細胞を補う治療。自分自身の「細胞」を移植(本人から採取して培養したもの)する治療(細胞系)と、細胞の働きに影響を与える「生理活性物質」を注入する治療(非細胞系)の2パターンがある。
細胞系:幹細胞治療等
非細胞系:PRP(多血小板血漿)療法・FGF(線維芽細胞増殖因子)療法等
効果 シワ・たるみ・クマ・その他の加齢による肌の劣化全般
肌自体が細胞から若返ることによって、顔の印象も年齢より若くなる効果を期待できる。1年半〜2年ごとの定期的な治療によって、肌の状態維持と老化防止が可能。
費用 細胞系:400,000円〜(抽出・移植・保管料込)※部分治療(最小)の料金
非細胞系:200,000円〜 ※部分治療(最小)の料金

Phase.4:ほぼ整形

フェイスリフト

概要 カテゴリー:外科手術(メス入れ)
耳の前後や頭皮内、生え際などの皮膚を切開し、SMAS表在性筋膜を引き上げて皮膚や脂肪を持ち上げる外科的手術。皮膚のたるみが深刻な人や、HIFUや糸(スレッド)リフトからのステップアップ治療。
効果 たるみ・シワ
額、眉間、鼻根部、目尻のしわ・上眼瞼のたるみからフェイスラインのたるみまで全般的に引き上げることで顔全体の若返りが期待できる。
費用 600,000円〜 ※手術内容によってかなり金額が異なる。

治療方法選択のポイント

初心者向けの治療を検討中の方へ。

上の記事でわかるとおり、照射系の治療はやたらと種類豊富です。

ハイイロネコ

どれを選べば良いのかわからなくなりそうですが…

照射する電磁波の種類(レーザー・光・高周波・超音波等)や使用する機材によって、より効果発揮できる症状は微妙に異なります

自分が一番気になっている症状に効果のある治療を選ぶことと…

病院によっては取り扱っている機材も異なるので、事前に確認することをおすすめします。