安い牛乳は牛乳ではない?加工乳・乳飲料との違い

スーパーの牛乳売り場に並んでいる、様々な「牛乳っぽい」製品たち。

低脂肪とか、カルシウム入りの牛乳もある…

という認識でしたが、それらが実は牛乳ではないということをご存知でしたか?

ハイイロネコ

私は、つい最近まで知りませんでした…

価格の安い牛乳は牛乳ではなかった

同じ売り場、似たようなパッケージ、似たような雰囲気で陳列されている商品。

知らなければ、どれも牛乳だと思いこんでしまいそうですが…

実は牛乳それ以外にわかれています。

ハイイロネコ

同じメーカーでも、ブランドごとに価格が異なるのかな…

程度に考えて、あまりよく見ずに牛乳を選んでいましたが…

ある日、価格の安い製品のパッケージに「乳飲料」と書かれていることに気がつきました。

一方、価格が高い方の製品をみると、きちんと「牛乳」と書かれています。

そういえば、乳飲料と書かれた商品には牧草の広がる大地や牛の絵は書かれていても…

一言も「牛乳とは書いていないのです。

牛乳と加工乳と乳飲料の違い

調べてみると、これらは「牛乳」「加工乳」「乳飲料」と3つの種類に分かれていました。

牛乳

生乳だけを使用していて、成分を調整していないもの。

加工乳

生乳乳製品(脱脂粉乳・クリーム・バター等)を加えて加工したもの。
主な商品:特農ミルク・低脂肪乳 等

乳飲料

生乳乳製品(脱脂粉乳・クリーム・バター等)、さらに牛乳由来以外の特定栄養分(カルシウム・鉄分等)などを加えて加工したもの。
主な商品:カフェオレ・いちごみるく・カルシウム入りミルク 等



牛乳と牛乳以外の見分け方

商品のパッケージには、四角で囲まれた「種類別」の表記が必ずああります。

そこに「牛乳」と書いてあれば牛乳で、「加工乳」や「乳飲料」と書いてあれば牛乳以外です。

ただし、とても小さい文字で書かれているので…

老眼などで、細かい文字が見えない人には非常にわかりずらい記載方法。

そこで、視力にも関係なく、小さな子供でもわかる見分け方があります。

ハイイロネコ

牛乳パックの上の部分(図参照)に注目!!

ここにくぼみ(切り欠き)があるのが「牛乳」です。

そして…何もなくフラットなのは「牛乳以外」です。

これは、目の不自由な方でも判別できるようにするためのもの。

細かい表示を見なくても、一瞬で判別できるのでとても便利です。

牛乳は健康に良い?それとも良くない?

かつて私たちが子供の頃、牛乳はカルシウムが摂取できる=身長が伸びると言われ…

学校給食でも必ず献立に並ぶほど、身体に良い飲み物だと認識されていました。

しかしその後、

  • 乳牛に使用されるホルモン剤(常に妊娠している状態にするため)が危険
  • 女性ホルモンが入っていて乳がんや卵巣がんを誘発する
  • 牛に与えている抗生物質の危険性

といった懸念事項が取り沙汰された結果、世間での認識はガラリと変わります。

実際に牛乳は危険な飲み物なのか?

牛乳が危険とされる理由は、諸説ありますが…

結論から言うと、いずれも情報の発信者によって見解が異なります。

このブログで扱っている「化粧品」に関しても同じことが言えますが、生産・販売する側の立場はいずれも白だと主張し、黒だと主張しているのは一個人や研究者

発がん性との関係についても同様、かつ、そもそもこれに関しては…

ハイイロネコ

牛乳」だけの摂取量に絞ったデータは、あまり存在しないのです。

摂取量に対する、発病との因果関係を示すデータのほとんどが「乳製品」という括り。

そして、調べれば調べるほど多くのデータが存在し…

  • どのデータが正しいのか?
  • 本当に危険なのは何なのか?

という「真実」を探し当てるのは至難の技でした。

つまり、どの情報を信じるかは受け取る側に委ねられているようです。

牛乳を飲むメリットは?

こちらの情報も同上で、発信者によって諸説あるものの…

栄養素が多く含まれていることは、紛れもない事実。

よく知られているカルシウムビタミンB2ビタミンDたんぱく質などが多く含まれています。

ただ、これらは牛乳からしか摂取できないわけではないので、

ハイイロネコ

別に牛乳を飲まなくても良いのでは?

と言われたらそれまで。

代わりに他の食物から摂取しようと、手っ取り早くサプリを飲もうと…

そこは個人の自由。

「牛乳の味が好き」なら飲めば良いし、嫌いなら無理して飲むほどのメリットもなし。

ハイイロネコ

牛乳を入れると美味しくなるお料理や、デザートで取り入れるのが

結論:牛乳も適量なら問題なし

ホルモン剤だの、抗生物質だの、発がん性だの…

こう言う「疑惑」は、どんな食べ物でも調べれば1個は見つかるのでは?

…と思うほど、発信源や根拠すら曖昧な情報で溢れかえっています。

これをひとつひとつ気にし出したら、

ハイイロネコ

もう何も食べられなくなりますよ??

そもそも、牛乳に限らず…

一つのものを過剰に摂取=身体に何らかの影響を与える確率が上がるのは、明らかな事実。

だったら、いずれもほどほどにバランス良く摂取すれば良いだけの話です。

つまり、牛乳も適量を摂取する分には、さほど神経質になる必要はなさそうです。



おまけ:牛乳と生理痛の関係

適量はOKな牛乳も、過剰摂取するとどうなるか…

明確な根拠はありませんが、私の体験で思い当たる節を

その昔、牛乳が好きすぎて周りの人から気持ち悪がられるほど愛飲していました。

成人してからも毎日水のように飲んでいたのですが…

ある時を境に、ぱったりと飲まなくなりました。

シリアルにかけたり、コーヒー・紅茶に入れる程度の摂取量にした結果…

生理痛がほとんどなくなりました

本当にそれが理由なのか、年齢による身体の変化なのかはわかりませんが…

タイミング的にぴったりだったので、何となく関係があるのかな…と思ったり思わなかったり。

微量とは言え、牛乳に女性ホルモンが入っているのは事実。

ハイイロネコ

過剰摂取はやめた方が良さそうです。